プラントの定修の仕事で安定した高収入をゲットしよう


定修のメリットと主な内容とは

定修とは定期修理の略です。プラントの設備を定期的に点検や修理、メンテナンスすることをいいます。プラントを24時間連続して稼働するには、設備の安全性や信頼性を確保しなくてはいけません。そのためにも定修が不可欠なのです。定修の主な内容は4つあります。

まず設備内部の点検です。プラントの稼働を一定期間停止して、集中的に点検および修理をおこなうことが法律で定められています。次に劣化した設備の修繕や配管の交換です。稼働の継続によりトラブルが発生するのを避けるためにおこないます。さらに、プラントの稼働によってたまった汚れの洗浄です。最後に、より効率よく稼働するための設備の改造をおこなうこともあります。このように定修にはあらゆる作業が必要です。事前にトラブルを予防することが、効率を上げてランニングコストを抑えることにつながります。

施工管理の仕事の魅力

定修に不可欠な施工管理の仕事は、プラントが存続する限り無くなることがありません。しかし、常に人材不足なので高い需要があり、高収入が見込めるでしょう。会社によっては資格手当が充実しているところもあります。経験を積みスキルを磨くことで、さらなる収入増加が期待できるのです。

持っていると有利な資格とは

プラントの定修工事における施工管理業務には、配管や機械、電気や計装、そして設備や安全管理などがあります。プラントで働きたいなら、危険物取扱者や高圧ガス製造保管責任者(甲種)、エネルギー管理士などの資格を取得しておくと、仕事を探すときに有利です。とはいえ、必ずしもこれらの資格がないと就職できないわけではありません。就職後に取得する方法もあります。

定修は定期修理の略称です。プラントを停止させ設備の点検・修理をおこなうことでトラブルを未然に防ぎ、効率的かつ安全に稼働させることを目的とします。主な作業は点検、修繕、洗浄、改造です。

定修 とは
定修の仕事