短期間の入居に最適?マンスリーマンションの特徴や利用方法を学ぼう!


ひと通りの家具や家電製品が備わっている入居施設

マンスリーマンションは基本的に一か月単位で利用する賃貸物件です。一般的な賃貸物件とは異なり、家具や家電製品が備わっているので入居してすぐに生活拠点として活用できます。一方で家賃はやや割高に設定されていることから、ホテルなどの宿泊施設を利用するには滞在期間が長い場合に利用するのが普通です。生活に必要な備品の多くがすでに用意されているので、引っ越しの際に手間がかからないのも利点の一つです。

利用規約は業者ごとに異なる

マンスリーマンションへの入居方法は一般的な賃貸物件とほぼ変わりません。管理会社に申し込み、所定の手続きを行ってから入居する流れになります。利用規約は業者ごとに異なり、物件によっては利用期間が一か月を超える長期になることもあります。利用期間に応じて家賃を割引するなど独自のサービスを提供する所もあるので、複数の物件を比較してもっとも快適に暮らせる所を選ぶのが賢明でしょう。マイカーを使用する場合は駐車スペースも必要になるので併せて確認します。

物件の見学を忘れてはいけない

短期間の入居であっても生活の場として利用する事実は変わりません。そのため、マンスリーマンションであっても物件の見学は欠かせないと言えるでしょう。日当たりの良し悪しや近隣から発生する生活音などは管理会社が提示する情報だけではわかりません。また、マンション物件はエレベーターや階段などの共有スペースも居住性を大きく左右します。毎日の暮らしを快適に営むためにも、入居する部屋以外の設備も入念に確認することが大切です。

マンスリーマンションは、長期出張者や旅行者に利用されています。月単位で契約するので、宿泊代を安く抑えることが出来ます。